Maikrahv

  春と若さ、幸せを祝う春の伯爵祭り(エストニア語でマイクラフMaikrahv)が中世のタリンでは    催されていました。 その祭典は春の象徴として春の伯爵に捧げられ、冬を越え春の訪れを  意味していました。 祭典は、まずグレート・ギルド(最も裕福な商人工房)で、後にブラックヘッドの ギルド(若い商人工房)のメンバーで組織され、聖霊降臨祭として知られる聖霊降臨節の週に  催され、丸一週間続きました。 月曜日に祝宴があり、火曜日の朝には街の外にあるコプリ(Kopli)という地域の樫の森へと装飾的な行進が行われました。 そこでは競技会が行われ、若い男性が  乗馬と射撃を競いました。 総合優勝者には「春の伯爵」の称号が与えられ、白樺の花輪で   飾られました。 新しい春の伯爵はグレートコーストゲート(Suur Rannavärav) の前のバラ園で8人の美しい乙女から春の伯爵夫人を選ぶ名誉を与えられます。更にこの権利に加えて、春の伯爵はこの日に囚人を自由にする権利を有しました。木曜日には祭りの群衆は街中の行列に参加し、日曜日は別の祝宴と舞踏会がありました。春の伯爵は、彼に仕える女性達や灯り持ちにご馳走を振る舞い、30マルクを提供しました。

春の伯爵の称号は一年間与えられました。聖霊降臨祭においては伯爵とその従事者は楽しむために街の外へ繰り出すのが週間でした。別の教会の祝日では、彼とブラックヘッド達は「春の伯爵の灯」と呼ばれる大きなろうそくを掲げたの行列に参加しました。 春の伯爵祭りは13世紀から  16世紀にかけてタリンで開催されました。

最近では、春の伯爵並びに伯爵夫人を選ぶ伝統は毎年旧市街の日の期間に復活されます。  マイクラフレストランはこの伝統ある祭典のより広い導入に貢献したいと考えております。